検索上位に上げるなら、無料競合調査による効果的な被リンク設定がおすすめ

Googleに効く、被リンク対策 3つの要素で検索上位表示達成!

SEO対策サービスをはじめて9年。検索アルゴリズムを分析し日々情報収集に努めています。
評価されるSEO対策の要因は、日々変化し続けています。
テキスト広告.jpは、検索アルゴリズムの傾向にあわせた外部対策(被リンク)商品を開発・販売し高い実績を維持しています。
外部対策(被リンク)は、検索順位に決定関わる重要な対策の1つです。検索上位化を目指すには、特にサイト状況にあった対策が必要です。
外部対策(被リンク)をご検討の方には、サイト状況を分析し、最適な対策方法をご提案します。ぜひお問合せください!
なお、テキスト広告.jpのご契約後は、外部対策(被リンク設定)の実施・内部対策のアドバイス・電話とメールサポートを提供します。上位表示を目指し、契約期間中はお客様と一緒にSEO対策します。

結局何をしたらいいか?教えます 内部リンク調べて提案(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
  

ディーボでは、さまざまなSEO実験を実施し、評価されるSEO対策の研究を行っております。
上記には、その一部のみを公開しております。貴社のSEO対策のご参考にしてください。

ディーボがさまざまなSEO実験を実施する理由は、SEO対策は常に評価されるポイント(アルゴリズム)が変化しているからです。
Googleがアルゴリズムのアップデートを実施していることは、2011年から始まったパンダアップデート、ペンギンアップデートで広く知られるようになりました。

近年では特別なアップデートが無くても常に評価されるポイントが変化し、上位サイトの入れ替わりも激しくなっております。

特に外部対策(被リンク設定)は、ここ数年で評価されるポイントが大きく変化しています。

外部対策(被リンク設定)には、大きく外部リンク、内部リンクの2種類があります。
外部リンクとは、他サイトから被リンクを張ってもらう作業です。内部リンクとは、同じドメイン内で設定している被リンク(TOP⇒下層ページまたはその逆)です。
SEO対策の重要項目とされる「外部対策(被リンク設定)」は、この外部リンクを指すことが多いです。 SEO対策で検索上位表示を目指す際に、対策する外部対策(被リンク設定)の選定基準をどこに置くか?
最も重要なことです。 評価される外部対策(被リンク設定)を選ばないといくら対策しても意味がありません。弊社では、これまでに分析した結果下記の3要素が外部対策(被リンク設定)で重要と考えます。

評価される被リンク要因は変化を続けています。被リンク設定は、質・本数・アンカーテキストが重要です

ページランク・ドメイン分散が質の指標となります。
ページランクが高すぎても×。
ドメイン分散100%は必須です。

1度に大量被リンクは論外。
既存被リンクの15%以下が目安です。
30本以上なら設定日分散が
必須です。

SEOワードだけを
ダイレクトに設定は×。
会社名・サイト名・SEO関連ワード
など複数分散が必須です。

ディーボでは、最新のアルゴリズム傾向を分析し、この3つの要素が被リンク設定する際に重要と考えます。
JP5500の価格
JP310の価格

JPシリーズは在庫調整のため一時お申込を中断しております。
近い商品にJOシリーズがございますので、こちらをご利用ください

JOシリーズ 
お申込はこちら
テキスト広告.jpすべての実績

弊社の被リンクを利用しているお客様のキーワード順位の割合を紹介しています。

テキスト広告.jp をご利用いただき、ご契約開始時よりも多くのサイトが検索上位化を実現しています。
こちらのテキスト広告商品は、検索エンジンの動向を分析し商品を設計いたしております。
ご契約後は、必要に応じて内部対策のご案内もさせていただきます。検索上位化できるよう、徹底してサポートいたします。
ご利用前に必ず、サイトの被リンク状況と競合サイトの状況を調査いたします。
多数ご用意している商品からより効果を実感いただけるよう、お客様のサイト1つ1つにあわせた最適プランをご提案いたします。

無料!最適プランのご提案お申込はこちら
ディーボが勧めるSEO対策とは

SEO対策で必要なポイントは2つ。1.仮説を立てSEO対策(テキスト広告の設定、内部対策のチューニング)を実行、2.検証する
この2つのポイントをより早く、より的確に実施することが、サイトを上位表示させる近道です。
誤ったSEO対策を実施すると、順位が下落する、検索エンジンからペナルティを受けることもあります。
テキスト広告.jpは、SEO対策の分析を開始して9年が経過し、膨大な情報と実績があります。
商品ご検討のお客様にはそのノウハウを元に、ご契約前にサイト状況を分析し、より適切なSEO対策をご提案しております。

SEO対策とは

SEO対策とは、自然検索(Googleなどで検索すること)したさいに、自分のサイトが上位表示されるために行う施策のことを意味します。

SEO対策は、「他のサイトからのつながりを持つための外部対策(被リンクの設定)」と「サイト内容を検索エンジンのルールに従って分かりやすく記述する内部対策」に分かれます。
この2つのポイントを両方実施することで、上位表示を実現させることができます。

ただ、SEO対策の難しいところは、Googleなどの検索エンジンが評価するポイントが頻繁に変わること。
せっかく上位に表示されても、検索エンジンの評価ポイントが変わったことで順位が下落することがあります。
また、必ず上位表示できるといった保証が無いため、仮説を元にSEO施策を実行、その評価を元にまた次のSEO対策を実行することを繰り返す必要があります。
上位表示が実現しても、常にキーワード順位や検索エンジンの動向を見ながらメンテナンスを行うことも必要です。

SEO対策の手順

1.SEO対策を実施するキーワード・ページを選定する
2.GoogleWEBマスターツールを導入する
3.キーワード順位チェックツールを導入する
4.外部対策(被リンクを設定)する
5.内部対策のチューニングを実施する
6.4-5の結果を見ながら次の対策を実施する
※いつ、どんなSEO対策を実施したか、検索エンジンに大きな動きがないか(パンダアップデートの実施など)を記録することが必要です。

最近のSEO対策のトレンド

2011年頃からGoogleが頻繁にアップデートを実施しています。
最近では、パンダアップデート、ペンギンアップデート、ペイデイローン・アップデートなど目的があるアップデートが実施されるようになり、そのたびにサイトの順位が大きく入れ替わっています。
不適切なSEO対策の実施しているサイトは大きく順位が下落する、Googleから警告メールが送られることも発生しています。

しかし、一方で検索エンジンからも顧客からも使い勝手が良いと評価が高いサイトは、アップデートの影響を一切受けずに上位表示が安定しているサイトがあります。

順位が下落してしまった時の対処方法

・大きなアップデートが無いか確認
→アップデートがあった場合は、順位が落ち着くまで情報収集しながら待ちます。順位が落ち着いてからリカバリのSEO対策を実施します。
パンダアップデート、ペンギンアップデートなど大きなアップデートを実施したとGoogleから発表があるか確認します。
Googleの発表は実際のアップデートを実施した日の1週間前後することや正式発表がないこともあります。

・GoogleWEBマスターツールに何かメッセージがきていないか確認
→メッセージがきている場合は、その内容に合わせてサイトの改善を実施します。
Googleから何らかの警告メールが来ていないか確認します。
警告メールは、内部対策に関するもの、外部対策(被リンク)に関するものと大きく2種類あります

・数日前に何らかのSEO対策を実施した
→サイトを元の状態に戻します。
数日前に実施したSEO対策内容が検索エンジンに確認され、その評価がマイナスに働いた可能性があります。元の状態に戻して、状況をみるとよいでしょう。

あなたのサイトのSEO対策の進め方

上述したようにSEO対策を実施して上位表示目指すには様々な施策の実施、実施内容の評価が必要になります。
他の仕事で時間が取れなさそうな方は、テキスト広告.jpにお任せください。
お客様サイトと競合サイトの状況を分析し、最適なSEO対策プランをご提案します。
テキスト広告.jp契約後は、弊社でキーワード順位を計測し、順位が変わらない、下落したサイトには次の具体的なSEO対策内容(内部対策の強化案のご案内)などを実施します。

テキスト広告.jpを利用して、上位表示を目指しませんか。興味のある方はこちらからお問合せください。