検索上位に上げるなら、無料競合調査による効果的な被リンク設定がおすすめ

Googleに効く、被リンク対策 3つの要素で検索上位表示達成!

SEO対策サービスをはじめて9年。検索アルゴリズムを分析し日々情報収集に努めています。
評価されるSEO対策の要因は、日々変化し続けています。
テキスト広告.jpは、検索アルゴリズムの傾向にあわせた外部対策(被リンク)商品を開発・販売し高い実績を維持しています。
外部対策(被リンク)は、検索順位に決定関わる重要な対策の1つです。検索上位化を目指すには、特にサイト状況にあった対策が必要です。
外部対策(被リンク)をご検討の方には、サイト状況を分析し、最適な対策方法をご提案します。ぜひお問合せください!
なお、テキスト広告.jpのご契約後は、外部対策(被リンク設定)の実施・内部対策のアドバイス・電話とメールサポートを提供します。上位表示を目指し、契約期間中はお客様と一緒にSEO対策します。

結局何をしたらいいか?教えます 内部リンク調べて提案(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
  

ディーボでは、さまざまなSEO実験を実施し、評価されるSEO対策の研究を行っております。
上記には、その一部のみを公開しております。貴社のSEO対策のご参考にしてください。

ディーボがさまざまなSEO実験を実施する理由は、SEO対策は常に評価されるポイント(アルゴリズム)が変化しているからです。
Googleがアルゴリズムのアップデートを実施していることは、2011年から始まったパンダアップデート、ペンギンアップデートで広く知られるようになりました。

近年では特別なアップデートが無くても常に評価されるポイントが変化し、上位サイトの入れ替わりも激しくなっております。

特に外部対策(被リンク設定)は、ここ数年で評価されるポイントが大きく変化しています。

外部対策(被リンク設定)には、大きく外部リンク、内部リンクの2種類があります。
外部リンクとは、他サイトから被リンクを張ってもらう作業です。内部リンクとは、同じドメイン内で設定している被リンク(TOP⇒下層ページまたはその逆)です。
SEO対策の重要項目とされる「外部対策(被リンク設定)」は、この外部リンクを指すことが多いです。 SEO対策で検索上位表示を目指す際に、対策する外部対策(被リンク設定)の選定基準をどこに置くか?
最も重要なことです。 評価される外部対策(被リンク設定)を選ばないといくら対策しても意味がありません。弊社では、これまでに分析した結果下記の3要素が外部対策(被リンク設定)で重要と考えます。

評価される被リンク要因は変化を続けています。被リンク設定は、質・本数・アンカーテキストが重要です

ページランク・ドメイン分散が質の指標となります。
ページランクが高すぎても×。
ドメイン分散100%は必須です。

1度に大量被リンクは論外。
既存被リンクの15%以下が目安です。
30本以上なら設定日分散が
必須です。

SEOワードだけを
ダイレクトに設定は×。
会社名・サイト名・SEO関連ワード
など複数分散が必須です。

ディーボでは、最新のアルゴリズム傾向を分析し、この3つの要素が被リンク設定する際に重要と考えます。
JP5500の価格
JP310の価格

JPシリーズは在庫調整のため一時お申込を中断しております。
近い商品にJOシリーズがございますので、こちらをご利用ください

JOシリーズ 
お申込はこちら
テキスト広告.jpすべての実績

弊社の被リンクを利用しているお客様のキーワード順位の割合を紹介しています。

テキスト広告.jp をご利用いただき、ご契約開始時よりも多くのサイトが検索上位化を実現しています。
こちらのテキスト広告商品は、検索エンジンの動向を分析し商品を設計いたしております。
ご契約後は、必要に応じて内部対策のご案内もさせていただきます。検索上位化できるよう、徹底してサポートいたします。
ご利用前に必ず、サイトの被リンク状況と競合サイトの状況を調査いたします。
多数ご用意している商品からより効果を実感いただけるよう、お客様のサイト1つ1つにあわせた最適プランをご提案いたします。

無料!最適プランのご提案お申込はこちら